Facebookもチェック!

2013/01/01

iPhoneをプレゼントした母と息子の18の約束が厳しいけど愛にあふれてる

PCやスマートフォン、タブレットを購入したらいちはやく家に帰って電源をつけていじり倒したいのはだれでも同じ。それは中学生の男の子でも同じです。しかし、中学生はバイトが出来ないので親にガジェットを買ってもらうしかありません。たいていそういう時には勉強しろとか約束をさせられるものです。

グレゴリー君もその約束をさせられたひとりです。クリスマスにiPhoneをプレゼントしてもらったときに、お母さんに約束させられた18の項目がとっても厳しいと話題になっています。勉強しろなんてなまやさしいものではありません。

グレゴリーへ

メリークリスマス!あなたはもう誇るべきiPhoneオーナーのひとりです。やったじゃん!あなたは良い、責任感のある13才の男の子、このプレゼントにふさわしいとおもいます。でもこのプレゼントを受け取ったからにはそれなりの約束を守ってもらいます。次に書く約束を読んでおいてください。こんなルールがなくてもリテラシーを守ってテクノロジーや技術を享受できる健全な青年であることとわかっていますが、こうすることが私の役割だと理解してくれると信じています。これら18個のことが守れないようならすぐにiPhoneをとりあげますよ

あなたのことを本当に愛しています。これから数千のメールをやり取りすることを楽しみにしています。

1. これは私のiPhoneです。私が買って、あなたに貸してあげているのです。私ってすごいでしょ?

2. パスワードは私が管理します。

3. iPhoneが鳴ったらマナーを守ってとりなさい。それは電話です。お母さんやお父さんだったら絶対にとりなさい。絶対にです。

4. 学校のある日は夜7:30に、休日は夜9:00にお父さんとお母さんのどちらかにiPhoneを渡しなさい。シャットダウンして朝7:30に電源をつけます。

5. 学校に持って行ってはいけません。メールでやり取りする相手と会話を楽しみなさい。会話は生きる上で大事なスキルです。

6. もしトイレに落として水没させたり、地面に落として割ったり、紛失したりしたらそのときはあなた自身のお金で交換するなりしてください。庭の芝刈りや赤ちゃんの世話、誕生日を使ってね。

7. ネットで嘘をついたり相手をばかにするようなことをしてはいけません。ネットいじめに関わるようなこともしてはいけません。友達と友好な関係を保ってネットでケンカをしてはいけません。

8. 面と向かって言えないようなことを、メールや電話で言ってはいけません。

9. 友達の両親がいたら大きな声で言えないようなことを、メールや電話で言ってはいけません。気をつけなさい。

10. いやらしいことは絶対にダメです。ネットで調べたことはわたしと共有しなさい。もしわからないことがあるようなら、誰かにきくようにしなさい。できれば私やお父さんがいいです。

11. 公共の場では電源を切るか、サイレンスモードにしなさい。特にレストランや映画、他の人としゃべっているときは気をつけなさい。あなたはだらしない人間ではありません、iPhoneがそれを変えるようなことがあってはいけません。

12. あなたや他人のプライベートな写真を送ったり受け取ったりしてはいけません。バカにしてもだめです。あなたは賢いですが、いつの日かそうしたくなる日がくるでしょう。しかしそれはとってもリスクが大きく、学校生活だけでなく人生さえも狂わせることにもなりかねません。。サイバースペースはあなたよりずっと大きく強力です。一度広まってしまったら、解決するのはとっても難しいです。

13. むやみやたらに写真をとるようなことはダメです。すべてを記録する必要なんてないのです。経験を大事に生きなさい。あなたの記憶に永遠に残ることでしょう。

14. たまにはiPhoneを家に置いて行きなさい。iPhoneはあなたの人生でもあなたを拡張するものでもありません。それなしで生きる方法を模索しなさい。iPhoneを失うことを怖がるようなソーシャル依存症になってはいけません。

15. 友達がきいていないような平凡な音楽ではなく、クラシックや前衛的な音楽をダウンロードして聞きなさい。現在は昔と比べ音楽を簡単にダウンロードしたり聞けるようになりました。この環境をフル活用して視野を広げなさい。

16. 言葉ゲームや難しいパズルを解いて、脳をきたえなさい。

17. あなたの周りに起きることをよく見なさい。窓の外を見て鳥の声を聞いて、散歩に出かけて知らない人ともおしゃべりするようにしなさい。グーグルに頼らないワクワクを探し求めなさい

18. なにか問題があるようなら、iPhoneをとりあげます。そしていっしょにそのことについて話し合って、またやり直しましょう。私はあなたのみかたです。私たちはいっしょです。

これらを約束してくれることを願っています。これらはiPhoneだけでなく、人生にも通じることです。あなたは早く変わり続ける世界のなかで成長していきます。刺激的で魅力的な世界です。シンプルに、チャンスをものにしていってください。自分自身の力強く大きな意思やこころを信じて、機械なんかに負けないで。愛してる。iPhoneを楽しんでね。メリークリスマス!

xoxoxo(←ハグ・キスのこと)

お母さんより

8や9のインターネットリテラシーに関することは当たり前ですが、元気がありあまってる中学生は注意したほうがいいですね。2や4は少し制約がきつすぎるとおもいますが、13や14, 17の「ネットに頼らない生き方」はどこに行くにもスマートフォンやMacを持ち歩いている自分にも響くものがあります。厳しすぎて、過保護な約束ごとかも知れませんが、なんだかが伝わってきますね。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿