Facebookもチェック!

2012/12/08

新iMacに自分でSSDを詰め込んでHDDと共存させるのは不可能

先日販売が開始されたiMacの新モデルですが、ストレージのCTOオプションがHDDとFusion Driveしかなく、SSDは選べません。iMacは家で母艦となるべきMacなので高速なSSDより大容量のHDDのほうが人気かもしれませんが、SSD並のスピードが欲しければFusion Driveを選ばしかないというのはどうなのでしょうか。

ということで、一番安いiMac 21.5インチでも買って自分でSSDにするかとなるわけですが、そうするのは不可能といっても過言ではないようです。

まず、SSDにしようとするユーザーに立ちはだかるのがディスプレイ取り外すという作業です。このディスプレイはいわば"ノリ"のようなものでくっついていて外すのは容易ではないです。たとえうまくディスプレイを外せたとしても、SSDを詰め込むような場所もコネクタもありません。

上の画像をみてください。左がiMac 21.5インチのロジックボードでオレンジで印のついているところは本来ならばAppleが直付けするSSDためのコネクタがあるはずなのですが、取り除かれています。右は13インチMacBook Pro RetinaディスプレイモデルのSSDをくっつけてみたという画像です。これ以上ないまでにぴったりとおさまっています。iFixitは、Fusion Driveモデルを選択するとこの部分にSSDが直付けされるのはないかと考えているようです。

iMacにはストレージドライブ1つ分のSATAポートしかないので、SSDとHDDを共存させるのは不可能なのです。もちろんiMacに内蔵されていたHDDを外して代わりにSSDを詰め込んでHDDは外付けハードディスクとして使うというのならできます。某巨大掲示板でもHDDをSSDに換装するまでは成功したのですが、何度もディスプレイを付け外ししているうちに油断して、ディスプレイにヒビを入れてしまった人がいました。

ディスプレイは”ノリ”でくっついていますが、うまく外せば粘着力は衰えないようです。ディスプレイを外すと保証も効かなくなりますし、やるとしたら本当に自己責任でお願いします。

自分は似非Mac ProなんちゃってFusion Driveライフを満喫しています。OSの起動もアプリの起動もファイルの移動もSSDのスピードで行なってくれるうえに、人間はSSDとHDDをひとつの大容量ドライブとして扱えばいいので簡単です。AppleのCTOは確かに高いですが、Fusion Driveはする価値が十分あるとおもいますし、ぜひ選択して欲しいオプションのひとつです。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿