Facebookもチェック!

2012/12/04

スチールの塊からiPhone 5のかたちに削りだす方法

中国最大級のSNSであるWeiboにスチールの塊からiPhone 5のかたちに削りだしたひとが現れました。 Weiboに投稿された日は10月30日なのでまだ中国ではiPhone 5が発売されていませんでした。売ってないなら作ってしまえばいい、いかにも中国のひとらしい考え方だと思います。

まず、スチールの塊を用意します。縦140mm, 幅60mm, 厚さ6mの塊がiPhone 5を削りだすのにぴったりな大きさなのだとか。

磨いたり削ったりして大体の大きさにしていきます。


サイズもちゃんとはかりながら形をそれらしいようにととのえていきます。

ディスプレイや通話用スピーカーのところがわかるようにざっと印をつけます。

スチール専用の液体をつかってグレーにします。染料だとかんたんに色がおちてしまってつかいものにならないそうです。

ピカピカになるように磨いていきます。

上下の部分を先ほどと同じ液体をつかってそめます。



背面のAppleロゴやiPhoneを鉛筆をつかってかきます。

ディスプレイの部分にあらかじめ印刷しておいたiPhoneのホームスクリーンをはりつければ完成です!

ホームスクリーンをちょっと中心からずらすことで躍動感があります。でもこのアイコンの数ってiPhone 5じゃないし、ちょっと大きくないですか?一番下の列もなにか足りないですし…。背面ロゴを鉛筆で書いちゃうところもさすがのチャイナクオリティーです。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿