Facebookもチェック!

2012/12/13

Appleのようにデザインするための5つの法則

iPhoneにしてもMacにしても、Appleの製品には洗練された美しさがあります。極めてシンプルにつくられているので、自分でも思いつきそうなデザインと思ってもAppleのような美しさに到達することはとっても難しいです。Appleのようにデザインするための5つの法則をOnline MBAが紹介してくれています。

動画

iPadが発売された時、はじめの72時間は1分間に694のiPadが売られたと言われている。

Appleがデザインを決定するときの5つの法則を考えてみましょう…

スティーブ・ジョブズ氏は"自分の美学・品質についての意思を貫き通さなければ、良い眠りにつくことはできない。"と語っています。

法則1: 高品質なデザインはすべてを網羅する。

スティーブ・ジョブズ氏「デザインを突き詰めていけば、デザインとは本来機能のことだ」

法則2: 社内の人間は開発している製品についてのすべてを完全に理解していなければならない。たとえば、どんな機能があるのか、顧客や社会にその製品がどう有益なのかなど。

ジョナサン・アイブ氏「足元を照らすことはとても重要。疑ったり、間違っているということに興味をもとう」

法則3: 良いデザインは失敗をバネにしたものから生み出される。そしてその多くの場合、変化について楽観的。

スティーブ・ジョブズ氏「焦点をしぼれ、本質を見極めよ」

法則4: 多くの機能をもちながら、シンプルで美しいものをつくのは非常に難しい。しかし顧客はシンプルで簡潔、機能的なデザインを好むのが現実。

ジョナサン・アイブ氏「我々が作っているのはあくまで手段、デザインが決まらなくて時間を無駄にするとということはしたくない」

法則5: 高品質な製品を作れば、顧客は自然にそれが自分を拡張するものだと気づく。

おしまい

まとめ
  • まわり見渡してデザインを考える
  • 製品についてよく理解する
  • 失敗や変化を恐れない
  • デザインで開発が止まることはダメ
  • 良いデザインに人は自然と集まってくる

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿