Facebookもチェック!

2012/11/13

これさえわかれば大丈夫!Macを使い始めるなら最低限知っておきたいこと


Windwosユーザーだった僕がMacBook Airを買ってからだいたい1年半が経ちました。Macを買ったばかりのころは操作方法がまったくわからずなにをするにもちぐはぐな状態でしたが、やっと慣れてきて操作に迷うことも少なくなっていました。

これからMacにしようとしている人や、Macにした人が迷わずMacを使いこなせるように、最低限知っておいたほうがいいことを紹介します。逆にこれさえ覚えてしまえばあなたはもう立派なMacユーザーになっていることまちがいなしです。

1. Finder

WindowsでいうエクスプローラはMacではFinderと呼ばれています。Finderは[・≦・]←こんな顔のようなアイコンをクリックすれば開くことができます。

Finderでファイルを整理するときなどに便利などが "ちょっとみる" 機能です。見たいファイルをクリックし焦点をあてたあと、spaceキーを押すと下の画像のようにファイルをちっとみることができます。この機能は画像だけでなくPDFや音楽、ビデオなどあらゆるファイルに対応しています。ちょっと音楽を聞きたい時はiTunesをわざわざ開かなくても聞けるので便利です。
image: imgur
画面上部にはつねにFinderのタスクバーが表示されていて、Widowsではアプリケーション(以下アプリ)のウィンドウ内にあった”ファイル”や"編集"といったものはすべてここにあります。システム環境設定やシャットダウンは左上のリンゴマークをおせばでてきます。また、タスクバー右上部分にはバッテリー状態や、現在時刻などがでてきます。

タスクバー
2.アプリケーションのインストール方法

Windowsではexeファイルを起動してインストールウィザードをとおしてアプリをインストールすることがほとんどですが、Macではインストールしたいアプリをアプリケーションフォルダにコピーすることでインストールします。

また、この方法とは別にpkgファイルというものもあります。pkgファイルはWindowsのexeファイルと同じようにインストーラが起動してアプリを自動的にインストールしてくれます。

3. アプリケーションのアンインストール方法

アプリをアンインストールするには、アプリケーションフォルダに移動してアンインストールしたいアプリをゴミ箱に移動させれば完了です。Windowsのような紛らわしい作業はいりません。

しかし、上の方法だと余分なファイルがまだMacに残っている場合があるので、PhotoshopやOfficeのような大きなアプリをアンインストールする場合はApp Cleanerという無料のアプリを使うと便利です。App Cleanerに消したいアプリをドラッグアンドドロップすると、そのアプリに関連する(作品以外の)ファイルをすべて削除してくれます。

4. ウィンドウの操作

Macでは赤が閉じる、黄色が最小化、緑がディスプレイに合わせるとなっています。ここで注意しなければならないのはWindowsでは "X" をおせばアプリは終了しますが、Macでは裏でメモリを消費しています。そのため、完全に終了したければタスクバーからアプリを終了させるかcommand + qで終了します。あとで使えるショートカットキーをまとめて書きますが、command + qは絶対に覚えておいたほうがいいです。

5. Commandキー

WindowsでいうControlキーはmacではcommandキーになります。コピーはcommand + c, ペーストはcommand + vなど、ほとんど操作はかわりません。ここで覚えておいたほうが役に立つcommandキーを使ったショートカットをまとめておきます。どのアプリケーションでも大体共通しているはずです。
  • アプリの切り替え: command + tab
  • 終了: command + q
  • タブの切り替え: command + shift + [ or ]
  • タブを閉じる: command + w
  • ウインドウの切り替え: command + F1
  • 新規作成: command + n
  • 新規タブ: command + t
  • 保存: command + s
  • コピー: command + c
  • ペースト: command + v
  • 戻す: command + z
  • やり直し: command + shift + z
  • 戻る: command + [
  • 進む: command + ] 
  • スクリーンショットを撮る: command + shift + 3 参考記事 
  • ファイルを削除: command + delete 
  • ゴミ箱を空にする: command + shift + delete 
こんなにいちどに言われても覚えきれないと思います。実際僕も友達からいろいろいっぺんに言われて覚えるまで時間がかかりました。使いながら覚えていくのが一番だと思います。commandを長押しするとどんなショートカットキーがあるのか教えてくれるCheatSheatというアプリがあるのでそれを入れると早く覚えられると思います。

6. 修飾キーのへんなマーク
いざとなった時に、知っておくと便利です。見慣れないマークが多いですが、なれるとわかるようになります。ControlキーやOption/Altキーを使ったショートカットもありますが自分はcontrol + a(文の先頭に移動),control + e(文の最期に移動), control + space(Spotlight)くらいしか使いません。

7. App Store

必要なアプリはほとんどすべてApp Storeで入手することができます。いちど購入、ダウンロードしたアプリは何度でも再ダウンロードすることができます。OSやアプリのアップデートなどもこのApp Storeで行います。

8. オススメアプリ

〜雑記〜
MacでPDFを見る場合には、デフォルトのプレビューというビューワが軽いのに機能が充実しているのでAdobe Readerを入れる必要はありません。

control + spaceで右上に現れるSpotlightという検索機能はかなり便利です。ここからアプリケーションの起動や、ファイル検索、簡単な数値計算が行えるのでおすすめです。僕は使ってませんが、Spotlightをさらに拡張して便利にしたAlfredを導入するのもおすすめです。

[image: ApartmentTherapy]
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿