Facebookもチェック!

2012/11/08

次期iPad miniは2048x1536ピクセルのIGZO・Retinaディスプレイ搭載の可能性が高い!?

DoNewsによると、現在もiPad miniの液晶パネルを供給しているAU Optronicsは、2048x1536ピクセルのiPad mini向け7.9インチパネルの量産及び出荷の準備にとりかかっているようです。

また、MENAFNのリポートによると、このAU Optronicsが準備しているパネルはIGZOかGOAパネルである可能性が高いとしています。
一般にiPad miniのサイズでRetinaディスプレイほどの高解像度にするためにはIGZOあるいはGOAテクノロジーを採用する必要がある。IGZOやGOAテクノロジーは一般のパネルに比べ枠のサイズを抑えることができる。そのため、非常に枠が薄い次期iPad miniはそれらのパネルを搭載したRetinaディスプレイになる可能性が高い。

RetinaディスプレイでしかもIGZOパネルを搭載したiPad miniがでてしまえば、7インチタブレット戦争はiPad miniの一人勝ちじゃないですか!。ただ、 出荷予定が2013年後半とまだ1年近くあるうえ、RetinaディスプレイになることでiPad miniがさらに手の届かいない値段になる可能性があるというのが気がかりです。

[MacRumors]
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿