Facebookもチェック!

2012/11/30

iTunesの見た目をいままでのようにする5つのステップ

iTunes 11がついにリリースされました。iTunes 11になってiCloudの連携が強化されたのはいいけど、みためがすっかりかわってどこになにがあるのかまったくもってわからないという人も多いのではないでしょうか。僕が一番ショックだったのはカバーフローがなくなってしまったことです。カバーフローはもうありませんが、iTunesの見た目をいままでのようにする方法を紹介します。

アルバムではなく曲順で表示する
iTunes 11の新しいアルバムの表示方法はたしかにかっこいいけど、曲順で表示したほうがわかりやすいというときも多いと思います。そういうときは上部の”曲”タブをおせばいいのです。また、曲をアーティスト名順や曲名順で並べ替えるには”表示→並べ替える…”をクリックするか、キーボードでCommand + jをおします。

サイドバーを表示する
サイドバーがなくなってシンプルですっきりしましたが、なんだかんだないとつらいし使いづらいです。サイドバーを表示するには"表示→サイドバーを表示"をクリックするか、キーボードでCommand + Option + sをおします。

iTunesの曲数や容量を表示する
iTunes 11になってサイドバーだけでなく、下部の曲数や容量を表示しているステータスバーもなくなってしまいました。iPodやiPhoneの容量が不安な人や高音質で音楽を保存しているひとはないと心配になるのではないでしょうか。ステータスバーを表示するには"表示→ステータスバーを表示"をクリックするかキーボードで、Command + /をおします。

Podcastを表示する
Podcastをよく利用している人はどこにあるのかわかんなくて困惑した人もおおいのではないでしょうか。表示するにはまず、"iTunes→環境設定…"をクリックします。次に"一般"タブで表示のところにあるPodcastにチェックを入れます。

アルバム表示のカスタムカラーをなくす
iTunes 11では表示しているアルバムのアートワークに応じて背景カラーがかわります。色を変更させずによりシンプルにiTunesを使いたい人はこの設定をします。まず、"iTunes→環境設定…"をクリックします。次に"一般"タブで表示の設定のところの"開いているアルバムやムービーなどにカスタムカラーを使用"のチェックを外します。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿