Facebookもチェック!

2012/11/26

iPhone, iPadがBlack Friday, Thanksgivingのオンラインショッピングをリード

Androidのシェアも増えてきていますが、まだまだAppleプロダクトにはかなわないようです。1年のうちで最も消費者の財布がゆるむThanksgivingとBlack Fridayに、モバイル端末からお買い物をした人は24%。そしてiPhone・iPadなどAppleのモバイル端末をつかってお買い物をした人は全体の18.5%にのぼることがわかりました。

モバイル端末24%の内訳を見てみると、18.5%がiOSでAndroidはたったの5.5%しかありません。実に5人に4人はApple製品でお買い物をしたことになります。

さらに、タブレット端末限定でみてみると、iPadを利用したお買い物が88%を占めていて、トップを独走している状態にあります。それに比べて、Kindleは2.4%, Galaxyは1.8%しかありません。

どうしてAndroidとiOSでこんなに違いが出るのでしょう。Androidはガラパゴスケータイの延長であって、あまりWebブラウジングをするのには向いていないと考えるひとが多いのでしょうか。やはりiOSでWebブラウジングするほうが快適で楽しいということなのですかね。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿