Facebookもチェック!

2012/10/04

サードパーティ製のLightning対応アクセサリの登場は最も早くて11月

image : Cult of Mac
LightningドックコネクタはAppleが今回のiPhone 5, 新iPodファミリーで行ったおおきな改革のひとつです。Lightningコネクタは30pinの旧ドックコネクタよりも小さいのでデバイス自体も小型化することができるのです。

Lightningにシフトチェンジしていいことばかりではありません。30pinアクセサリを使っていた人は変換アダプタを使わなければ、そのアクセサリは使えなくなってしまうのです。……それにしても純正品は高い!たかが変換アダプタで2800円もなんで!?しかも10月30日発売とか何事!?と思ってる人も多いのではないでしょうか。

そこでサードパーティの登場です。Appleというブランドがないためか純正品よりも安い価格でアダプタを販売してくれています。しかし問題はLightningには特別なチップが搭載されていて、Apple非公認工場ではLightningアクセサリをつくることが難しくなってしまったのです。

iLoungeによるとApple公認工場だけが、Lightningアクセサリを作ることを許されようとしているとのこと。だけどそれは11月に中国で特別セミナーが開かれてからのこと。最低でもサードパーティ製Lightningアクセサリの登場には2ヶ月、最悪2012年中には発売されないこともありえるようです。

[iLounge via Gizmodo via Cult of Mac]
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿