Facebookもチェック!

2012/10/26

ティム・クック「7インチタブレットなんて作りたくないし作ってもない、iPad miniをいっしょにしないでほしい」

ティム・クック氏はAppleの決算報告のあとにこんなことをいったそうです。
はっきりさせてほしい。私たちは7インチタブレットを作ろうなん思ったことはなかった。それらがいい製品だとは思ったことはないし、絶対に作ろうとはしなかった。でもその理由はそれらが7インチだからというわけではないし、他にも理由はある。でも理由の一つはサイズだね。
それに比べてiPad miniはすばらしい製品だ。妥協の塊のような7インチタブレットと一緒にしないでほしい。立っている土俵がぜんぜん違う。 

実際に小型iPadを作ったのに彼はいったい何をいってるんでしょうか。Nexus 7よりディスプレイサイズが大きいのに画素数が少ないから解像度も低い。Retinaディスプレイじゃなくてもいいからせめて同じくらいの解像度はほしかったと思った人も多いのではないでしょうか。

image : Cult of Mac
Appleの言い分はこうです。7.9インチのiPad miniは7インチタブレットよりもディスプレイが35%も大きい。さらに、iPad miniは他の7インチタブレット比べて"usable area"は50%~67%も広くなっている。このことでiPad miniはアプリを楽しむのも、雑誌や書類を閲覧するのもほかの7インチタブレットより優れていると感じるだろう。

image : WIRED
とは言うものの、WIREDによるとNexus 7とiPad miniの"usable area"を比べるとiPad miniのほうが67%ひろいというのはたしかだけど、Kindle Fire HDと比べると67%ではなく35%だったようです。35%なら7インチと7.9インチのディスプレイサイズの差と同じです。"usable area"とか言ってますけどただのディスプレイサイズのことだったのでしょうか。

勝手に期待されてがっかりされるAppleもかわいそうだけど、それだけみんなAppleのことが大好きっていうことなんだよね、きっと。
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿