Facebookもチェック!

2012/08/16

iPad miniはiPod touchライクなデザインになるかも



iPad miniのものとおもわれる部品やモックアップの写真がネット上にあきれるほどたくさんでてきています。そんななか、Appleがこの秋に発売すると噂されているiPad miniは、iPod touchのようなデザインになるという情報が有力とされています。

ここ数カ月、Appleが7-inch仕様のiPadを出すのではないかという噂がたってから、そのiPadのものではないかとおもわれる部品のリーク画像がいくつか出てきていましたが、次期iPhoneの噂に注目が集中していて、取り上げられることはありませんでした。しかし最近になって、iPad miniに関する最新の情報を集めて、iPad miniがどんなデザインになるのかを予想する動きが高まってきました。
今週火曜日、iMoreに複数の情報をもとに正確に再現したというiPad miniのモックアップ画像が掲載されました。さらに、Appleの内部情報に詳しい人間の話によると、iPad miniの厚さはiPod touchの現行モデルと同様の7.2mmで、現在発売されている第3世代の9.7-inch iPadよりも大幅に薄型化されるとのこと。
また、iPad miniのデザインについてiMoreは、デバイスそのものが軽く薄くなることで、片手での操作性能が向上するのではないかと考えているようです。iMoreのモックアップ画像のiPad miniの最大の特徴はディスプレイまわりのベゼルの薄さで、ベゼルを薄くすることでiPad miniを軽く薄くすることが可能になると考えられています。さらに、iPad miniの背面パネルは端にいくほど薄くなるようになっていて、iPod touchのデザインとよく似ているとのこと。


Daring FireballのJohn Gruber氏はiMoreのモックアップ画像について賛成で、同氏の考える"それぞれの製品にはそれぞれの役割がある"というAppleのデザイン精神にのっとっているとのこと。例えば、ユーザーは普段iPod touchを使っているときに親指を休める必要がないので、iPod touchにはiPadのような太いベゼルは必要ないといった感じです。また同氏はデバイスの軽さについても賛成していて、一部では7-inch iPadの名前はiPad Airになるのではないかともいわれているとのこと。さらに、デバイスの軽さをAppleはiPad miniのうたい文句にする可能性もあるとのこと。

ディスプレイについてはRetinaディスプレイではなく、iPhone 3GSに使われた解像度の低い前世代のものがiPad miniにも使われるのではないかとのこと。解像度は1024 × 768で、iPadやiPad 2と同じになると予想されています。iPad miniはiPadやiPad 2よりもディスプレイが小さくなるので第3世代のiPadほどではありませんが、iPadやiPad 2よりは高精細にみえる可能性があるとのこと。

非Retinaディスプレイを搭載することについて、多くはiPad miniの価格を$200~$250にもっていくためだと主張していますが、同氏は前世代のディスプレイを使うことで重さを抑えられるのではないかと主張しています。Retinaディスプレイを搭載し、表示するためにはパワーが必要で、その分大きなバッテリーを搭載しなければならず、iPad miniが重くなってしまうとのこと。また同氏は、Nexus 7(340グラム)と比較・検討した結果、iPad miniは265グラムになるのでないかと考えているようです(WiFi専用第3世代iPadは652グラム)。

しかし、欠点はどうなのでしょうか。iPad miniがみんなが期待しているような薄くて軽いものになった場合、電池容量を考えるとLTE対応になることはないとおもったほうがいいようです。またNFC対応になるか議論されていますが、NFCがBluetoothと同じくらいの電池消費量だとしたら、搭載される可能性はあるようです。iPadが10時間継続して使用できるバッテリーライフをもっているので、AppleはiPad miniを可能な限り薄いデザインにしようとしていると考えられます。そのため、iPad miniで革新的な技術がデビューすることはないとおもったほうがいいようです。


ここで、iPad miniの部品とおぼしき画像をいくつか紹介しようとおもいます。

まず、中国のサイトApple.proに掲載されたiPad miniの背面パネルとおもわれる画像。iMoreのモックアップ画像と比べると、デバイスの縦横比や角がまるくなっている点で同じですがクオリティーはあまり高くないようです。


次はもうすこしクオリティーの高い画像。ZooGueに投稿された画像です。3G対応iPadのように上部にすきまがあります。そのすぐ横にはカメラ用とおもわれる穴があいています。先程の写真の背面パネルもこちらの背面パネルもきっちり四角いかんじがして、iPod touchというよりはiPhoneに近いようです。


次はNowhereelse.frに投稿されたiPad miniのflex cableといわれている写真です。写真には、現在の30 pinから9 pinに変更される小さなタイプのドックコネクタをみることができます。

次は水曜日に米Gizmodoに投稿されたiPad miniのディスプレイとおもわれる画像。大きさは7.85-inchと多くの噂と一致しますが、アスペクト比がこれまでのiPadとは異なります。


スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿