Facebookもチェック!

2012/07/13

【OSx86】Mountain Lionにアップデートする上での注意点

OSx86でもMountain Lionにアップデートするには通常のMacと同じシステム要件を満たす必要があります。具体的には以下の4項目です。
  • Intel Core2Duoかそれ以上の64bit CPU搭載であること
  • OS X Lion(10.7.x)かSnow Leopard(10.6.6+)であること
  • 4GBのHDD空き容量
  • インターネットアクセス

また、Mountain Lionは64bit OSのみとなるので32bit CPUや32bit kextを使ってるような環境ではアップデートすることができません。"arch=i386" boot flagも使えません。
64bit kextを使っているか確認するには左上のリンゴマーク > このMacについて > 詳しい情報… > システムレポート > ▼ソフトウェアとクリックしていき、 "64 ビットカーネルと拡張機能" が "はい" になっていればアップデートすることができます。

注意したいのは、アップデートできたとしても一部のlegacy 3rd party audioやwifi、古いグラフィックドライバーが機能しなくなる恐れがあるということです。


何が起きてもいいように次のことをするよう心がけてください。
  • 全データのバックアップ
  • Mountain Lion用に新たにHDDを買う
  • Mountain Lionのインストール用に新たに8GBのUSBを買う
  • Carbon Copy ClonerSuperDuperを使ってHDDのバックアップをとっておく
また、Mountain Lionのインストールガイドを随時チェックするようにしてください。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿