Facebookもチェック!

2012/07/26

Mountain Lionでできるようになった10のこと


まったくもって面白みのないインストールレビューをしてしまったので海外サイトからのネタを紹介します

Mountain Lionになってできるようになった画期的なことを10個ほど紹介したいと思います。






通知センター


通知センターは右端から左に向かって2本指でスワイプすることで開くことができます。

通知センターには新着メールや予定などが表示されます。また、Twitterをやってる人は通知センターからツイートしたり、自分宛のメンションを確認することもできます。





Twitterで拡散


SafariやFinder上部にある拡散ボタンを利用することでTwitterを始めとする様々なソーシャルサービスに自分の今していることを広めることができます。Facebookに対応するのは秋ごろです。



名称変更


文章を作成している途中で書類の名称を変更したくなったら、編集済み▼を開いて名称変更…をクリックすることで簡単に編集することができます。

リマインダー


カレンダーに書くまでもないけどメモだと忘れちゃいそうという予定はリマインダーに書くといいでしょう。

日付や時刻、優先順位を設定すると通知センターに表示されます。





メモ


メモにはメモを書くだけでなく、画像ファイルをドラッグアンドドロップすることで画像も貼り付けることができます。



メッセージ


iOSデバイスのiMessageでのやり取りがMacでもできるようになりました。他にも、Jabber, Google Talk, Yahoo! Messengerにも対応しています。

音声入力


「明日の天気」などSiriが聞き取るのが得意そうなことはちゃんと認識してくれます。
漢字の変換もなかなかの精度です。





AirPlay Mirroring


Apple TVを通してMacの映像をワイヤレスでテレビに写すことができます。



iCloud


テキストエディットやiWorkで作成した書類をiCloudに保存してiOSなどのデバイスともシームレスに同期することができます。


Power Nap


MacBook AirやProをスリープにしてるときでも、自動的にソフトウェア・アップデートやメールの受信をしておいてくれるという便利機能。管理人のMBAは前年ながら非対応です。

スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿