Facebookもチェック!

2012/07/31

in-cellパネルの歩留まりの低さが次期iPhoneの出荷に影響を与える可能性有り

Appleは次期iPhoneを薄型化するためにin-cellタッチパネルを採用するのではないかと噂されています。しかし、in-cellタッチパネルは歩留まり率が低いため、iPhoneの出荷に支障をきたす恐れがあるというのです。

DigiTimesによると、AppleはJapan Display, LG Display, Sharpの3社にin-cellタッチパネルを発注していて、パネル1枚につき10~15ドルの補助金を出しているとのこと。しかし、歩留まりが低くディスプレイメーカーは利益を出しずらいため、Appleに圧力をかけるのではないかと報じられています。

レポートによるとJapan Displayのin-cellタッチパネルの歩留まりは50%とのこと。

7月の時点で次期iPhone用に製造され、出荷されたin-cellタッチパネルは400~500万ユニットで、これはAppleが第3四半期の目標にすると噂されている2000~2500万ユニットとは程遠い数字です。

[Apple Insider]

歩留まり : 生産されたすべての製品に対する、不良品でない製品の割合。[e-Words]
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿