Facebookもチェック!

2012/06/11

iOSがグーグルに貢献してる額が半端じゃない


Googleは、宿敵のAppleが2012年に巨額のモバイル収益をもたらしてくれたことに感謝しなければならない。
検索大手のGoogleが同社の「Maps」アプリと「Search」アプリについてAppleと交わしたライセンス契約は、「iPhone」が2007年に登場して以来、高い収益を上げ続けている。2012年もその例外ではない。
Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は、米国時間6月6日にリリースした投資家向けメモで、Googleの2012年のモバイル売上は約45億ドルになると予想している、と述べた。また、iOSはその最大またはそれに近い割合の寄与度となるであろう。
同氏は、Googleのモバイル検索の総売上の40%にあたる16億ドルをiOSが占めるだろうと予想する。突き詰めると、iOSがGoogleの通年の総売上の約2%を生み出していることになる。
Quoted From : CNET Japan 

敵にすら貢献してしまうApple、メシウマするGoogle。
AppleのiPhoneを使っててもGoogle検索をするのが主流なのかも知れませんね。
GoogleはサーチエンジンシェアNo.1の会社ですからね。
まぁどちらも我々の生活に色付けしてくれている会社だけにお互い仲良くしてほしいものですね。

グーグル革命の衝撃 (新潮文庫)
NHKスペシャル取材班
新潮社
売り上げランキング: 41598
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿