Facebookもチェック!

2012/06/23

次期iMacはRetina Display非搭載の可能性あり

http://www.apple.com

Retina搭載しないんですか?(´・д・`)ヤダー


Instapaperの開発者のMarco Arment氏は今後のiMacとMac Proの展開の予想を発表しました。それによると27-inch iMacやThunderbolt Displayが5120x2880のReina displayにするのに手間取っているようです。

5月にABC NewsはAppleがRetina搭載の次期iMacの発売はもうすぐだと報道した。しかし、この報道があったすぐあと、同氏は新しいiMacはこの秋に確かに発売されるが、それはReina非搭載だという。
”私は新しいiMacがこの秋に発売するがそれはRetina非搭載だと複数の情報源から耳にした
 同氏は生産収益や帯域幅の不足を含むRetina displayを取り巻く幾つかの問題を説明しています。しかし、もしこれらの問題がRetina非搭載の理由なのだとしたら、AppleがiMacのアップデートを秋まで先延ばしにしたのかを説明するのには不十分である。Retina非搭載であっても、Ivy Bridgeや最新のGPU、USB3.0の搭載など現行モデルより優れたiMacを出すことは可能であったはずだ。

前にも述べたように、サードパーティの技術会社の休暇やそれに伴う停電は7月下旬にOS X Mountain Lionがリリースされることを示唆している。昨年のハードウェアとソフトウェアのリリース時期の関係からすると、Mountain LionといっしょにIvy Bridge搭載の新しいiMacとMac miniリリースされる可能性があるが、この噂はまだ証拠が不十分な状態である。

今月行われたWWDCの基調講演によると、Appleの代表は当初、iMacとMac Proのアップデートは”来年の後半”になると語ったが、その後、その発言がMac Proだけのことだったとわかった。ということは新しいiMacの発表はそれよりも前になるということである。

[MacRumors]
スポンサーリンク

0 コメント:

コメントを投稿